スポンサーリンク
スポンサーリンク

濃厚魚介豚骨×つけ麺×全粒粉「つけ麺 並盛 880円(税込)」【春吉】

14時以降も営業

つけ麺 油そばのお店
「つけ麺専門 がんつけ 天神春吉店 」

西鉄「天神」駅より徒歩約9分の【つけ麺】専門店。

濃厚魚介豚骨スープが定番。
本店は筑紫野市にあり、天神春吉店は以前は「らーめん屋 鳳凛 春吉店」があった跡地に2020年10月にオープンしたばかりの新店。

現在の天神駅近くの「つけ麺」と言えば、皆さんご存じ【兼虎】。
しかし兼虎はピーク時間を過ぎても行列が絶えない人気店
つけ麺が食べたい気分なのに、行列に並ぶのが苦手な人、並ぶ時間が無い人などがいると思うが、そんな時のにもう一つの選択肢として【がんつけ】をオススメする。

◆定休日
無休
◆営業時間
11:00~翌5:00
◆アクセス
◆外観
◆内観
鳳凛の形式は残したまま、テーブルや椅子などは黒を壁はグレーを基調とした空間。
◆席
カウンター6席
テーブル4席×4卓
計 22席ぐらい
◆行きやすさ
地下鉄「天神南」駅や天神駅の三越口から徒歩約5分ぐらいで行ける距離にあり、駅からかなり近い。
◆時間帯
平日の13:00頃訪問。
先客は8人ぐらい。
私の後から4人が入店。
◆提供時間
注文してから5分
入口すぐの券売機で食券を購入。

スポンサーリンク

ランチメニュー(税込)

●つけ麺
・並盛(200g)880円
・中盛(300g)880円
・大盛(400g)980円
・特盛(500g)1080円

●辛味つけ麺
・並盛(200g)980円
・中盛(300g)980円
・大盛(400g)1080円
・特盛(500g)1180円

●裏の黒つけ麺(ニンニク入り)
・並盛(200g)980円
・中盛(300g)980円
・大盛(400g)1080円
・特盛(500g)1180円

●油そば
・並盛 880円
・大盛 980円

●サイドメニュー・トッピング
・おにぎり【チャーシュー炊き込みご飯】120円
・半熟味玉 100円
・トッピング全増し 300円

スポンサーリンク

「つけ麺 並盛 880円(税込)」

このお店の定番「つけ麺 並盛」を注文。
刻んだ玉ネギが薬味(?)として付いてくる。
玉ネギは「生」で食感は良かったのだが、玉ネギの辛味が出てしまうため、玉ネギの辛味が好きじゃない人は入れない方が良い。
炒めた玉ねぎなら違う風味になっていたのかもしれない。

麺は特注の極太麺
写真は並盛200gだが、同じ価格で中盛300gも注文できる。
全粒粉』が練り込んであり、コシを最大限引き出すため熟成庫に一晩寝かせるなど、かなりの”こだわり”が見受けられる。
麺だけを食べてみると、硬さではないしっかりとした弾力があり、麺が歯を押し返してくるのが1噛みでわかる。

スポンサーリンク

スープはこの様な見た目。
豚骨を長時間煮詰めて作り、完成してスープを急冷後寝かせて各食材と馴染ませてある。
その豚骨スープに魚粉と糸唐辛子が乗せてある。
魚粉は、「鰹節(カツオ)」「(イワシ)の煮干し」「鰺節(アジ)」をブレンドしたもの。
実食してみると、豚骨の風味がかなり濃厚だからなのか、魚粉の風味をよりも豚骨の風味の方が勝っていた
しかし、魚粉の風味がもう少し欲しかったというのが個人的な印象。

スープには何も入ってないと思いきや、しっかり煮込まれたチャーシューと色の濃いメンマが隠れていた。

スープはアツアツでは無く、温かいぐらいの温度で最初提供される。
麺を途中まで食べた後に、『焼き石(無料)』を注文してスープを再加熱できる。
再加熱のタイミングで卓上『煮干し酢』を回しかけ味変するものあり。
麺を食べ終わったら、『スープ割(無料)』を入れてスープを飲み干す。

このお店が気になった方は是非実際に行って味わってみて下さい。
それではまた次回の記事でをお楽しみに~!

スポンサーリンク

お店情報

◆店名
「つけ麺専門 がんつけ 天神春吉店 」
◆電話
070-1946-7763
◆場所
福岡県福岡市中央区春吉3-21-15
◆定休日
無休
◆営業時間
11:00~翌5:00

この情報は訪問当時のものです。
営業時間、定休日、価格、メニューが異なる場合がありますので
お店のHPやお電話にて事前にご確認下さい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました