スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱々の鉄板に角切りトンテキ+チーズ+玉ねぎ+きのこ「ポルコライス 780円」ランチ【薬院】

福岡トンテキポルコ ポルコライス ご飯もの

ステーキ バルのお店「福岡トンテキ ポルコ」

西鉄「天神」駅より徒歩約13分
西鉄「薬院」駅より徒歩約4分
低温調理した【トンテキ】が人気なお店。
トンテキとは豚のステーキのこと。
ポルコの本店は福岡県早良区にある。

◆定休日
日曜日
◆営業時間
11:00~24:00(L.O.23:00)
※ランチタイム11:00~15:00

◆アクセス

◆外観
福岡トンテキポルコ 外観◆内観
壁は藍色、コンクリート。
テーブルや椅子は南国のレストランっぽい感じ
◆席
カウンター7席
テーブル16席
計 23席
◆行きやすさ
天神駅からより薬院駅からの方が近い。
◆時間帯
平日の11:45頃訪問。
先客は2人
私の後から6人程入店。
◆提供時間
注文してから10分程で到着。

ランチメニュー(税込)

・ポルコライス 780円
→熱々の鉄板にライス、角切りのトンテキ、チーズ、きのこ、玉ねぎをオリジナルソースで絡めた”ワンプレート鉄板

・スパイシーポルコライス 880円
→カイエン、山椒などのスパイスを加え”旨辛”なポルコライス

・鉄板トンテキ定食
 200g 990円(ランチ価格)
 300g 1510円(ランチ価格)
 400g 1990円

・鉄板サイコロ定食
 150g 890円(ランチ価格)
 200g 1310円(ランチ価格)
 300g 1760円

・とんバーグ定食 ※豚挽肉100%
 150g 870円
 220g 990円

・コロコロバーグ 1650円

■オリジナルソース6種類
オリジナルウスター
→10種の野菜や果物、香辛料をブレンドしたソース。

ジェノベーゼ
→フレッシュバジルなどの香草、チーズ、ナッツ、オリーブオイルで合わせたイタリアンなソース

生姜風味
→九州特有の甘めの醤油に生姜や果物のソース。

デミソース
→肉や野菜を煮詰めた赤ワインなど独自ブレンドしたソース。

ポークチョップ
→トマトケチャップをベースにしたポークステーキの定番ソース。

さっぱり柑橘ソース
→醤油をベースに香味野菜や柑橘系の果物をブレンドしたさっぱりソース。

■トッピング
・目玉焼き、チーズ、マッシュポテト、フライドガーリック、フライドオニオン
↑各種+100円
・手作り柚子胡椒、粒マスタード
↑各種+50円

◆13時からの提供
・ポルコのトンカツ
 150g 1380円
 200g 1490円
→低温調理で柔らかくなったトンテキをトンカツに、赤ワインを煮込んだソースと卵黄醤油で食べる新感覚のトンカツ。

◆ランチ限定
・サイコロトンカツ定食 990円

スポンサーリンク

「ポルコライス 780円」(税込)

福岡トンテキポルコ ポルコライス

具としては、細かなトンテキ、玉ねぎ、えのき、チーズ、インゲン、キャベツ、ポテトサラダ、白米が熱々の鉄板の上に乗って提供される。
ランチには味噌汁と漬物がセットで付いてくる。
ご飯は大盛無料。

メニューには角切りトンテキとあるが、肉が細かすぎてトンテキ感はゼロ
オリジナルソースはポークチョップを使っているような気がするが、濃いめの味付けで、ご飯との相性はバッチリ。
ただ濃いめの味付けなので食べ始めはいいのだが、後半になると味に飽きる人もいるだろう。
キャベツやポテサラを途中に挟みながら食べ進めよう。

玉ねぎは大きめにカットされており、良い食感が感じられる。
ポテトサラダは具を殆ど感じられない、簡素なポテサラ。

キャベツ用のドレッシングなどは卓上に全くなかったので、キャベツを最後に残すと何もかけずに食べることになる。ご飯と一緒にキャベツを食べよう。

次回食べる際はお店イチオシの「トンテキ定食」や13時から提供の卵黄醤油で頂く「ポルコのトンカツ」が気になるところ。

スポンサーリンク

お店情報

◆店名
「福岡トンテキ ポルコ」
◆電話
092-791-8669
◆場所
福岡県福岡市中央区渡辺通り2-8-3
◆定休日
日曜日
◆営業時間
11:00~24:00(L.O.23:00)
※ランチタイム11:00~15:00

この情報は訪問当時のものです。
営業時間、定休日、価格、メニューが異なる場合がありますので
お店のHPやお電話にて事前にご確認下さい。

他の肉料理を見る

他の薬院駅周辺のお店を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました