スポンサーリンク
スポンサーリンク

厳選5選 天神駅から歩いて行ける「肉料理」のお店

肉料理 厳選5選 ディナー

天神駅から歩いて行ける「肉料理」のお店のお店を厳選してご紹介!(増税前の価格

1.「骨付きヤキトン 980円」【春吉】 ディナー

(写真は2人前)

博多豚80 骨付きヤキトン

長崎県産『じげもん豚』使用。
この豚肉とお店自慢の甘辛い秘伝タレと絡めて炭火で一気に焼き上げる。
こんな見た目で不味い訳がない!!
料理と一緒に手袋を渡されるので、それを付けて豪快にガブリといって下さい。

店名「博多豚80」(ハカタトンパチ)

西鉄「天神」駅より徒歩約5分

◆定休日
日曜日
(月曜日祝日の場合は振替営業)

◆営業時間
[月~土]17:00~翌4:00
(ラストオーダーお食事3:00ドリンク3:30) 

スポンサーリンク

2.「ステーキ丼 1000円」【薬院大通】 ランチ

ステーキ丼

炭火で焼かれて香ばしく、厚めにカットされたミディアムレアな柔かい赤身。
赤身なので脂っこくない。
脂の旨みではなく、肉本来の旨みが楽しめ非常に食べやすい。
肉にかかっているソースは和風ソースで赤身の旨みを邪魔せずに引き立てている。
さらに上に添えられている茎わさびがいいアクセント。

店名「SOSOL(ソソル)」 

西鉄「天神」駅より徒歩約17分
西鉄「薬院」駅より徒歩約5分

◆定休日
日曜日
◆営業時間
ランチ[月-土]休(日・祝)
11:30〜14:30(L.O14:00)
ディナー[月-土]休(日)
18:00〜23:00(L.O22:30)

スポンサーリンク

3.「炙り肉重 980円」【店屋町】 ランチ

炙り肉重

炙った赤身肉の上に卵黄、とろろ、小ネギ、胡麻、ワサビが乗っている。
タレがかかっていない様に見えるが、白飯にかけてある。
写真を見ての通り、炙り具合は肉の表面を軽く炙った程度
肉の厚さは決して厚くはないが、人によっては少し薄く感じる人もいるかもれない。

赤身肉の旨味、卵黄のコク、とろろ独特のノド越し、がしっかりと感じられる。
ワサビがの、小ネギと胡麻が食感アクセントになっており良い。
とろろや卵黄と一緒に食べるためか、タレは少し濃い目

炙り肉重

メインの「炙り肉重」以外に
サラダ、ざる豆腐、漬物2種、サツマイモ、イクラ、スープ付いてきた。
980円の定食にサラダ、スープなどが付くのは普通にあるが、メイン以外に6種類もの副菜が付くことは中々あることではない。

店名「博多店屋町ゾノブリアン」

西鉄「天神」駅より徒歩約20分
地下鉄「中洲川端」駅より徒歩約5分

◆定休日
日曜日、不定休 ※要確認
◆営業時間
ランチライム 11:30~14:00(L.O13:30)
ディナータイム 17:00~24:00(L.O23:00)

スポンサーリンク

4.「ハンバーグ(醤油バターソース)990円」【舞鶴】ランチ&ディナー

くら重のハンバーグ

ソースは「デミグラス」or「醤油バター」の2種類。
デミグラスはハヤシライスやビーフシチューにも使われているので、今回は醤油バターソースを選択。
ハンバーグに醤油ベースのソースがかかっていて、その上に固形バター。
バターがハンバーグの熱で徐々に溶けていき、それを全体に広げて食べる。

ハンバーグの形は整っているが手ごねで作ったことがわかる型。
肉の旨味を全面に出すものや、ソースの旨味を強く感じるものではなく、肉とソースを一緒に食べた時の「味」と「一体感」を考えて作られた素晴らしい一品

店名 「くら重」

西鉄「天神」駅より徒歩約11分

◆定休日
第1・3月曜日
◆営業時間
11:30~14:00
17:30~22:00(OS) 

スポンサーリンク

5.「生つくね各種 180円~」【大名】ディナー

ツクネスタンダード 生つくね

つくねが全26種類
写真左上から
「塩、田楽味噌、おろしわさび、ネギ塩」
店自慢のつくねは口当たりがよく、柔かでジューシー。
その柔かい鶏肉が舌に絡みついて鶏の旨味が舌に長く残る。
こんなつくね初めて食べた
田楽味噌つくねは味が濃いので最後の方に食べた方がいい。
おろしわさびはおろしが強く、わさびは風味程度。

※女性人気があり、男性だけで行くと居心地が悪いかも

店名「博多ねりもん屋 ツクネスタンダード」

西鉄「天神」駅より徒歩約6分

◆定休日
記載ない (日曜日営業でした)
◆営業時間
18:00~翌3:00

さらに、「肉料理」のお店を見たい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました