スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年総まとめ、人気記事アクセス数ランキング!【福天神の細道】

厳選まとめ

過去投稿した記事を
アクセス数のランキングでご紹介!

皆さんこんちには、本日投稿日は12月25(2020年)クリスマス!

私はきっと、来年に行きたい気になるお店を探しながら、来年の初投稿の記事を黙々と考え書いていることでしょう。

さて
2019年2月2日の初投稿から、2020年12月現在で累計129本の記事を投稿した、この『福天神の細道』というブログ。
2020年に入ってから、私の書いた記事を読んでくれる読者さんも徐々に増え、2019年と比べて約『5倍』近くの方に見て頂いて、本当に嬉しくありがたい。

そんな当ブログの2020年最後の投稿は
初投稿から現在までの記事ので最も読めれている記事を、アクセス数ごとの人気記事を「ランキング形式」でご紹介!!(トップぺージなどは除く)

5位~1位と発表するので、皆さんが好きな記事がランクインしているのかや、1位を予想しながらご覧ください!

それではどうぞ↓↓

スポンサーリンク

5位
【番外編〔家グルメ〕】カレー専門店も顔負け⁉市販カレールウ「ジャワカレー〈キーマ 中辛〉」

ジャワカレー キーマ中辛

2020年5月22日投稿、コロナ禍の中で外食を控えていた時期に始めた【番外編〔家グルメ〕】シリーズの中の1本。

スーパーで買えるオススメ〈カレールウ〉

自宅にいてもお店で食べる様なカレーを食べたいと思い、市販のカレールウで一番お店の味に近いルウを探し回った。

そして数ヵ月かけて漸く、一番私好みで下手なお店のカレーを凌駕するのルウに出会い、それを食べて以降1月に1回のペースでそのルウでカレーを作り食べている。

用意する材料は3種のみ、材料費は全部合わせてで1000円ぐらい。
挽肉は多めのスーパーの特大サイズ。

切るのは「玉ねぎ」のみで後は、炒め・煮込むだけ。
完成するまでにかかった時間は30分程
一人暮らしの男性でも短時間細かい調理も無くお店顔負けのキーマカレーを作ることができる。

 

詳しい情報や、味の感想は↓の記事で読んで下さい。

スポンサーリンク

4位
厳選5選!
「男友達」と食べに行きたい”ガッツリ飯”!

福天神 男友達 ガッツリ飯

2020年1月7日投稿、福岡天神駅から歩いて行けるお店の中でも「男友達」と共に”ガッツリ飯”を食べたい時にオススメしたい料理をまとめ記事。

写真左上
『骨付きヤキトン 980円』【春吉】
骨付き肉を、手袋を付けてそのままが”ガブリッ”と豪快に頂く。

写真真上
『ハンバーガーセット 1500円』【舞鶴】
全国のハンバーガーマニアの人も福岡に食べに来るハンバーガー好きには有名なお店

写真右上
『ブリづけ茶漬け 500円』【赤坂】
夜は完全予約制の和食料理のお店が、平日ランチ時間のみでワンコインランチ500円を提供している。

写真左下
『博多ラーメン(単品) 580円』【舞鶴】
このお店の一番の特徴が【一般的な定食の価格で全ての定食には5種の食べ放題が付く
オーダー制豚骨ラーメン」「麦飯」「味噌汁」「激辛辛子高菜」「ピリ辛もやし

写真真下
『泰元定食 1350円』【赤坂】
焼肉、ハンバーグ、ビーフカツ、ソーセージの4種類が乗った贅沢ランチ
※このお店自体は閉店しており、店主は同じだが別のお店として営業中。

 

詳しい情報や、味の感想は↓の記事で読んで下さい。

スポンサーリンク

3位
大阪発祥で福岡では珍しい肉吸い専門店の
「肉吸い定食」
【中州川端】

ニクスイハヤトの肉吸い定食

2020年9月13日に投稿、福岡では珍しい「肉吸い」を看板メニューとした定食屋を紹介した記事。

●肉吸いとは
大阪にある「千とせ」が発祥とされており、二日酔いの人が麺は食べれないからと、肉うどんの「うどん抜き」に半熟卵を注文したのが発祥とされている。

福岡で人気の焼肉店の姉妹店で、お肉は九州産黒毛和牛を使用しており、出汁に和牛の旨味がしっかりと出ている。
麺は入っていない

 

詳しい情報や、味の感想は↓の記事で読んで下さい。

スポンサーリンク

2位
これで350円!?コスパの良し!
「テリヤキチキンサンド 350円」
【大名】

サンドゴトウ(SAND GOTO) テリヤキチキンサンド

2019年11月26日に投稿、高コスパの鶏サンド専門店の記事。

テイクアウトは事前に準備したサンドイッチ、店内では注文してから作るため出来立てサンドイッチが食べられる。

※六本松に2020年7月移転オープンしており

現在は《串》×《かしわ》=人気店のコラボ惣菜店↓

 

詳しい情報や、味の感想は↓の記事で読んで下さい。

スポンサーリンク

堂々1位
【番外編】
マツコも唸ったインスタント越えのクオリティ
赤龍ラーメン」お取り寄せグルメ

マツコの知らない世界 インスタント麺の世界

2020年3月13日投稿。
「福天神の細道」の129本の記事の中でダントツのアクセス数。

2020年3月10日の「マツコの知らない世界【インスタント袋麺の世界】」が放送された中で、私が一番好きな袋麺が紹介されて、嬉しくなり書いた記事。

 

【赤龍ラーメン(ピリ辛味噌豚骨味)】

赤龍ラーメン

は「赤龍」を食べて『鍋をした後の〆のラーメン』と表現。
鍋の〆は具材の様々な旨味が出て、それが煮込むことで濃縮された旨味になる。
マツコはそう言ったことを言いたかったのだろう。

赤龍はここ2~3年前に見つけて私が食べるようになった味。
私がこの「赤龍ラーメン」よりも長く食べて続けているのが↓こちら

「ロン龍ラーメン(とんこつ味)」

日の出製粉さんのラーメンで私が最初に食べたのがこの「ロン龍ラーメン(とんこつ味)」。
最初に食べた時は中学生だったが、味のパンチが強く、それまで食べてきたインスタントラーメンの中で一番印象的なラーメン。
薬味として小ネギ、胡椒をかけて食べるのが個人的には好きだ。

そしてこの「ロン龍ラーメン」は今でも食べ続けており、私の中での好きな袋麺トップに居続けている。

福岡であれば通販ではなく、2種共もスーパーで買える商品で、記事では福岡で買えるお店も紹介。
詳しい情報や、味の感想は↓の記事で読んで下さい。

スポンサーリンク

この情報は訪問当時のものです。
営業時間、定休日、価格、メニューが異なる場合がありますので
お店のHPやお電話にて事前にご確認下さい。

さて、アクセス数ランキング
皆さんの好きな記事や1位の記事の予想は当たったでしょうか?

もしよろしければ、「こんな記事読んでみたい」「こんな企画やってみて欲しい」などなど
【福天神の細道】でやって欲しいことがあれば、SNSのコメントなどで教えて下さい。

2020年も残すところ約一週間。

世界中がコロナの影響で、否が応でも《変化》を強いられた1年間。
来年には収束して欲しいと望むも、どうなるかは予断を許さない状況。
そんな中、福岡県「天神」を中心として【食】についての情報を皆さんに少しでもお伝えできればと今後も発信していくので、2021年もどうぞよろしくお願います。

それではメリークリスマス!
そして良いお年を!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました