スポンサーリンク
スポンサーリンク

12種の”お茶漬け”から3種を選んで頂く「まめ茶漬け 980円」【中州】

博多茶鳳 まめ茶漬け 14時以降も営業

お茶漬けのお店「茶飯処 博多茶鳳(ハカタチャホウ)」

西鉄「天神」駅より徒歩約12分
地下鉄「中洲川端」駅より徒歩約1分
カフェインレス茶を使用した【お茶漬け】専門店。
鯛茶漬けを提供しているお店は多いが、普通の【お茶漬け】の専門店は珍しい。

全18種類の内、めんたいを含む12種から好きなお茶漬けを3種選ぶことできる【まめ茶漬け】もある。
この【まめ茶漬け】は色んな種類のお茶漬けが食べられるため。初めて食べに来た人にオススメだ。

◆定休日
不定休 ※要確認
◆営業時間
11:00~23:30
◆アクセス

◆外観
博多茶鳳 外観
◆内観
博多茶鳳 内観
◆席
カウンター13席のみ
テーブル席無し
◆行きやすさ
天神駅から歩いて12分くらいで、それ程遠くない。
地下鉄で「中洲川端」駅まで行ってから歩いたほうが近め。
お店は階段を上がって2階にある。
※階段の上り下りの際はご注意を。
◆時間帯
平日の12:00頃訪問。
先客は0人。
私の後から5人入店。
男性2人、女性1人、シニア女性2人。
◆提供時間
注文してから8分
箸やお手拭きなどはテーブル引き出しに収納されている。

メニュー(税込)

●お茶漬け

・まめ茶漬け(3種盛り) 980円
 →下記オレンジの枠の茶漬けの中から好きなものを3品選択。小盛(60g)×3杯

・博多めんたい茶漬け 880円
・梅茶漬け 680円
・鮭茶漬け 680円
・昆布茶漬け 680円
・青さ海苔茶漬け 680円
・わさび茶漬け 680円
・なめたけ茶漬け 680円
・納豆茶漬け 680円
・さば茶漬け 780円
・ちりめん茶漬け 780円
・いか明太茶漬け 780円
・あさりチンジャ 780円

・しらす桜エビ茶漬け 880円

・桜肉しぐれ茶漬け 880円
 →馬肉のしぐれ煮

・まるズワイガニ茶漬け 980円

・親子茶漬け(鮭・いくら) 980円

・金目鯛茶漬け 980円
 →西京焼の金目鯛を使用。

●トッピング
「梅」「鮭」「青さ海苔」「わさび」「なめたけ」「納豆」「さば」「ちりめん山椒」
「いか明太」「あさりチンジャ」「しらす」「桜エビ」
↑各種 100円

「明太子」「まるズワイガニ」「いくら」「桜肉」
↑各種 150円

●お持ち帰り
・わさび風味野沢菜昆布500g(冷凍) 1400円(税込)
 ↑店内卓上でフリーフードとして置いてある漬物と同じもの。

「まめ茶漬け 980円」(税込)
【わさび・明太子・ちりめん山椒】

博多茶鳳 まめ茶漬け

このお店に訪問なので、色々な味を少量づつ楽しめる【まめ茶漬け】をチョイス。
この【まめ茶漬け】はお茶漬け全18種類の内、めんたいを含む12種から好きなお茶漬けを3種選ぶことできる。
今回はその中から「わさび」「明太子」「ちりめん山椒」を選択。

お茶は鮮やかな緑色をしており、農薬不使用でカフェインレスのものを使用している
肥満や口臭の予防に良いと言われる、高濃度茶カテキンを含んでいる。
お茶の苦みは殆ど感じなかった。
お茶は3種の茶碗へ均等にかけて、全てを使い切る。

あられもなど色が様々ありカラフル。
ご飯の量は60gの小盛×3杯。

各お茶漬けの食べた感想を個別にご紹介。

【わさび】

博多茶鳳 わさび

わさび茶漬けは一番上にわさびが乗っているスタイル。
お茶もかかっているので、わさびの風味はそこまで強くない。
わさびの下には野沢菜(?)があり、シャキシャキとした食感。

卓上にある「わさび風味野沢菜昆布」があったため、わさび茶漬けではないものを注文して味わっておけば良かったかと少し後悔。

 

【明太子】

博多茶鳳 めんたい

福岡県民にとってはお馴染みの「めんたい茶漬け」
福岡県の居酒屋ならよく見かけるメニューの一つである。

半分に切られた明太子が乗っており、提供する直前にバーナーで表面を少し炙っているので明太子の粒々感と香ばしが増している。

私はお茶をかけ明太子を崩してから全体と混ぜ合わせ頂いた。
明太子を崩すと明太子の粒々感が無くなるかと心配していたが、そんなことは無く明太子の粒々感はもちろん、旨味辛味もしっかり感じることができた。
当然ながら、明太子を崩さずにそのまま噛り付きながら食べるのもあり。

福岡県外から来た方はもちろん、福岡県民にも「めんたい茶漬け」はオススメ。

 

【ちりめん山椒】

博多茶鳳 ちりめん山椒

ちりめん山椒は一般的にご飯のお供として食べられているが、「お茶漬け」にして食べる発想は中々思いつかなかった。

ちりめん山椒はご飯との相性もバッチリだが、お茶とも相性がいい
このお茶漬けは最後の3杯目に食べた方がいい。
なぜなら、お茶をかけた後時間が経つにつれて、ちりめん山椒の風味がお茶に染み出て馴染むから。
お茶をかけてすぐに1口味わったら全体を混ぜ合わせて置いておく、その間他のお茶漬けを食べて進めていき、最後にちりめん山椒を食す。
1口目に食べた味と時間をおいて食べた味を是非比べてみて欲しい。
時間が経った方がお茶の温度は下がってしまうが、私は時間が経って馴染んだちりめん山椒が好みであった。

自宅で「お茶漬けの素」と「ちりめん山椒」で味を再現してもいいかもしれない。

「まめ茶漬け」を注文する際は【ちりめん山椒】を入れることをオススメする。

 

博多茶鳳 野沢菜

こちらは卓上に置いてある【わさび風味野沢菜昆布】
お茶漬けを注文した方は無料で食べることができる漬物。

国産の野沢菜に、旨味と粘りの強い昆布人参を入れ醤油味に仕上げ、そこに茎ワサビの辛さがプラスされた漬物。

わさびの辛味は昆布から出た粘りを纏っているため優しい辛味となっている。
醤油の味はそこまで目立たず、わさびの風味や野沢菜の食感を楽しめる味付け。

このわさび風味野沢菜を熱々のご飯の上に乗せて、生卵とお好みで醤油・ワサビを追加し混ぜ合わせる。
その茶碗を片手に持ち、箸で口の中へズズっと掻き込む。
こんな風にして朝食で食べたら堪らんな~」と思わせる逸品。

このお店に来た際は是非この味を味わって頂きたい。

野沢菜を買って帰りたいなーと思いながら会計に向かうと【わさび風味野沢菜昆布】売っていた!
しかし、500gで1400円!?!?

あまりの価格にビックリ!
ちょっと私には手が出せない価格だったため購入を断念。。。。。
私は大人しく市販のゴマ高菜にワサビを付けて食べよう。

また食べたくなったらお店にお茶漬けを食べに行こう。
西京焼の金目鯛を使った「金目鯛茶漬け」がどんな味がするのかメチャクチャ気になっているので、間違いなく再度訪問するでしょう。

中州で飲んだ時などのラーメンに代わるとして健康的なお茶漬けは如何でしょうか?

 

他にも「お茶漬け」を食べられるお店がある。

お店情報

◆店名
「茶飯処 博多茶鳳(ハカタチャホウ)」
◆電話
092-291-5151
◆場所
福岡県福岡市博多区中洲5-1-23 花キクビル 2F
◆定休日
不定休 ※要確認
◆営業時間
11:00~23:30

この情報は訪問当時のものです。
営業時間、定休日、価格、メニューが異なる場合がありますので
お店のHPやお電話にて事前にご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました