スポンサーリンク

本場宮崎で認められたお店、部位が選べる「チキン南蛮定食 950円」 薬院

ご飯もの

スポンサーリンク

定食 食堂のお店「タカチホキッチン」

西鉄「天神」駅より徒歩約12分
西鉄「薬院」駅より徒歩約4分
チキン南蛮の本場宮崎でチキン南蛮50選に認められたお店。
内閣総理大臣賞を受賞の「高千穂牛」を使用したメンチカツやコロッケも人気。
旧店名 ヤングエコー

◆定休日
不定休
◆営業時間
【月〜土】11:30〜21:00
*O.S.は30分前
【日】11:30〜16:00
◆アクセス

◆外観
コンクリートの建物の1階にあり、白い扉とソフトクリームの置物が目印。
◆内観
壁はコンクリートのままで、暗い木を使ったテーブルとイス。
お昼は外から太陽の光も入ってきて明るい。
◆席
テーブル席のみで24席
◆行きやすさ
天神から行けない距離ではないが、薬院駅から行く方が近い。
◆時間帯
平日の13:45頃に訪問して先客は6人、全員が女性
後からサラリーマン風の男性と、お父さんが子供2人連れて入店。
店員が女性でお店の雰囲気もあり女性が比較的入りやすいお店
決して男性が入りにくいお店ではない。
◆提供時間
注文してから7分程。
注文方法は店員に直接注文を伝える。

スポンサーリンク

メニュー(税込)

・チキン南蛮定食 各950円
 A.あっさりムネ(ムネ肉)
 B.ジューシーモモ(モモ肉)
 C.ミックス(ムネ肉&モモ肉)

・チキン南蛮定食A(ムネ肉)に+
 D.+エビフライ 1100円
 E.+アジフライ 950円
 F.+高千穂牛メンチカツ 1200円
 G.+高千穂牛コロッケ 1100円
※D~Gは+50円でモモ肉に変更可
 A~Gは+300円で南蛮大盛
      +100円で野菜大盛

・女子ランチ定食 900円
 南蛮少なめ ※ごはんのおかわり無し

・豚の生姜焼き定食 980円
・エビフライ定食 950円
・アジフライ定食 880円
・エビ・アジフライ定食 1000円
・たまごかけごはん定食 550円

・タカチホキッチン定食 1350円
 →チキン南蛮 エビ・アジフライ コロッケ
・高千穂牛焼き肉定食 1200円
・高千穂牛メンチカツ定食 1300円
・高千穂牛コロッケ定食 850円
・みぞれチキンカツ定食 980円

※ごはん、みそ汁はおかわり無料
 テイクアウトも可

チキン南蛮専用ビール 680円
→宮崎の地ビール

スポンサーリンク

「チキン南蛮定食C 950円」

タカチホキッチンのチキン南蛮定食
ムネ肉とモモ肉をミックスしたセット。
ムネ肉とモモ肉はタルタルもかかっており見た目では肉の種類の判別は困難。
食べてみると食感から違う。

ムネ肉は肉の層があるようで柔らかい
脂が少なくパサパサになりやすいですが、全くパサパサしておらずシットリとしていた。
肉自体の旨味を感じられるお肉。
モモ肉は肉の一塊で程よい弾力
適度に脂が乗っており、噛むと肉の脂が出てきて肉々しい。
肉の脂の旨味が感じられるお肉。

チキン南蛮には甘酢とかけているので、から揚げのようにサクッとはしていないが、揚げたて衣の香ばしさがする。
タルタルソースは細かい野菜が入っておりさっぱりしているソース。
たまごやマヨネーズの主張も強すぎず、お肉と一緒に食べることで互いに旨味を引き出す相乗効果。

チキン南蛮の他には、ごはん、みそ汁、サラダ、ひじき、漬物。
南蛮の下には味付けされたスパゲッティがあり、ごはんには「古代米」を使用。

チキン南蛮とは。
鶏のから揚げに甘酢をかけて作っていた「まかない料理」から誕生。
アジの南蛮漬け」と甘酢につけて作ることが同じなので「チキン南蛮」と名付けられた。
なので現在のようにチキン南蛮の特徴のタルタルソースがかかっていなかった
「味のおぐら」というお店からタルタルソースがかかったチキン南蛮が広まったそう。

スポンサーリンク

お店情報

◆店名
「タカチホキッチン」
◆電話
092-725-6495
◆場所
福岡県福岡市中央区薬院1-14-27 1階
◆定休日
不定休
◆営業時間
【月〜土】11:30〜21:00
*O.S.は30分前
【日】11:30〜16:00

この情報は訪問当時のもの。
営業時間、定休日、価格、メニューが異なる場合がありますので、お店のHPやお電話にて事前にご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました